mattresses

介護 キャリアアップ

介護のお仕事はとても魅力的です

超高齢社会の日本では、近年の就職難、不景気に左右されない、医療系の職業にとても感心が高まっています。

 

もちろん職業としてだけではなく、高齢者や疾患を有する方々の日常生活を支える重要な役目としてやりがいもありまた必要とされる職業であるといえます。

 

医療系のなかでも、介護のお仕事はとても必要とされています。

 

もちろん体力的、精神的にも厳しい職業ではあります。

 

しかし、長く続けることで知識や技術の向上が図れます。

 

人を相手とする職業なので、人と関わることで、自分自身も人として成長ができるとても素晴らしい職業だと思います。

 

実際の業務内容は、看護師の助手のような役割もありますが、多くは日常生活が自分で行えない方の日常生活援助が中心になります。

 

ただ、お世話をするだけでなく、その方の抱える病気の特性や個性を把握し、毎日継続して観察をすることで、異常の早期発見に貢献することも期待されます。

 

看護師と違うのは、医師の診療の補助行為をしないということですが、生活を支えるという視点で考えると看護師の業務とほぼ変わりなく、病院や施設においてとても重要な役割を果たします。

 

もちろん資格は国家資格になりますので、免許があれば日本中どこでも働くことができます。とても魅力的なお仕事です。

 

 

キャリアアップ出来る介護のお仕事

介護職はキャリアアップを目指すことができる職業なのですが、ヘルパーの仕事をしながら実務経験を積んで国家試験を受験して介護福祉士になってから、いずれはケアマネージャーになるといったプランでキャリアアップを図るということもできるのです。

 

努力次第では出世することを期待することができる仕事でもあるのですが、一番なくてはいけないものは大変な職業でもあるため、やる気と笑顔だったりします。

 

あとは利用者と接するだけではなく、チームワークも欠かせなかったりするのでコミュニケーション能力も必要になっていたりします。

 

一緒に働いている職員で何人かの利用者を担当することになってきたりするのですが、そのために情報交換などをしながら一緒に連携して働いていくことになります。

 

他人とは常にコミュニケーションをとることは必要なのですが、性格が人見知りだと言っても大丈夫です。

 

そもそも、働き始めたばかりでは緊張してしまうのは誰でも同じことなのでやる気さえあれば問題ないのです。

 

今はとにかく、募集も多いですし、ヘルパーの資格を取得してからキャリアアップすることができる職業だからこそ活躍することができる可能性も高かったりするのです。

 

 

ステップアップ可能な介護系の資格について

福祉関係の資格の中にはそれを持って現場で働くと、ステップアップする事が出来るものがあります。

 

例えばその中でも一番知られているのがホームヘルパーです。

 

このホームヘルパーは、それを取得して福祉施設やヘルパー事務所で実際に現場で約3年間働くと介護福祉士の受験資格を得ることが出来るようになります。

 

現在は制度が変更されて介護職員初任者研修から実務者研修を受けることが出来るようになったり、最終的にケアマネージャーを受験出来るようになる場合もあります。

 

このようにステップアップする事が出来ますので、それの取得はキャリアアップにも繋がってきます。

 

ケアマネージャーを取得してしまえば、高齢者のケアプランを自分で作成することが出来るようになります。

 

その結果、独立して仕事を行うという道も開いてきます。

 

また、独立しなくとも通常のヘルパーとして働くよりも、お給料の面で優遇されていることが多いので収入もアップする可能性があります。

 

事業所によってはそれを持っているだけで手当として数万円の補助を出してくれる所もあるくらいです。

 

このようにメリットがいくつかありますので、この業界で働きたいという方はステップアップする事が出来るものから取得して行くと良いでしょう。